一般社団法人島根労働基準協会

廃棄物の焼却施設に関する業務特別教育(ダイオキシン特別教育)

 平成13年4月に労働安全衛生規則の一部が改正され、次の業務に従事する者は標記特別教育を修了した者でなければ就いてはならず、就かせることができなくなりました。

■対象業務

労働安全衛生規則第36条
第34号
ダイオキシン類対策特別措置法施行令(平成11年政令第433号)別表第1第5号に掲げる廃棄物焼却炉(火床面積が0.5m2以上又は、焼却能力が1時間当たり50kg以上のものに限る。)を有する廃棄物の焼却施設(第90条第5号の3を除き、以下「廃棄物の焼却施設」という。)においてばいじん及び焼却灰その他の燃え殻を取り扱う業務(第36号に掲げる業務を除く。)
第35号
廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の保守点検等の業務
第36号
廃棄物の焼却施設に設置された廃棄物焼却炉、集じん機等の設備の解体等の業務及びこれに伴うばいじん及び焼却灰その他の燃え殻を取り扱う業務
(安全衛生法第59条 安衛則第36条第34号〜第36号)

 当協会は、事業者に代わって標記教育を実施するものです。

 

講習日数

学科 実技 合計
半日 なし 半日

 

各種技能講習等へ戻る

本ホームページの一部あるいは全部について、承諾を得ずにいかなる方法においても無断で複写、複製、転用することを禁じます。
All Right Reserved (c)一般社団法人島根労働基準協会